2nd MINI ALBAM 新しいリズムは腰で聞け。 NEWネオ京都ファンクネス。
2016.7.20(WED) RELEASE!
1.口上
2.嘘800
3.ODORUYO〜NI
4.僕らは今夜も騒々しい
5.うつろう
6.ピザのくち
7.踊らないベイベ(新しいNEWネオ ver.) GOSYO-002 / 定価 1500円+税
Vo.ミキクワカド / Tamb.モチヅキ・タンバリン・シャンシャン
Gt. まこまこまこっちゃん / Gt.クマ山セイタ / Ba.ツマリツムラ / Dr.伊藤おわる
『ODORUYO~NI』MV
『嘘800』MV
素晴らしい
GREAT
ブラボー
TOUR
7/30 神戸SLOPE
w AFRICA/プラズマJAP JET/Seuss/Slimcat/DJ:Koki Arikawa
8/6 福岡UTERO
w about a ROOM/sukida dramas/Stephen Smith/odol
THE BOY MEETS GIRLS 【DJ】dontaku / SUNAO
8/21 広島BANQUET
w 花柄ランタン/ドッグフード買い太郎BAND/ペロペロしてやりたいわズ。
9/11 心斎橋CONPASS
w SPARK!!SOUND!!SHOW!! and more...
9/18 名古屋ROCK'N'ROLL
w DENIMS / TENDOUJI and more... 10/5 渋谷 TSUTAYA O-nest<FINAL>
w SCOOBIE DO<special gest> 時間:OPEN19:00 / START19:30
料金:前売¥2800 / 当日¥3300(+1drink)
プレイガイド:イープラス / ローソンチケット(Lコード:75896) ※整理券番号について
今回のチケットはプレイガイドとバンド受付の2種類がありますが、【整理券番号が出るのはプレイガイドのみ】で、入場は(1)プレイガイド(2)バンド取り置きの順番になります。ご了承ください。【7/27】より、ローソン、e+にて発売開始です。
RECOMMEND COMMENT
順不同
FUNKの名の下に集まってきた同志として、
我々SCOOBIE DOは貴方達を歓迎します。 SCOOBIE DO オカモト"MOBY"タクヤ(Dr.)
有りそうで無かった!
平成生まれ若者たちのド直球ファンクバンド!
先人達への愛をひしひしと感じる王道感、なのにどこからか漂う抜け感が堪らなく愛おしい!好き!
こんなのシビれちゃうって! プププランド 西村竜哉(Vo.)
「今時そんな所掘ったってなんにも出てこないよ。」
と言われてるのに最速で掘ってってる感じ。
それは執念と根性か。
はたまたアホで無頓着か。
でもそんな彼らについて行きたいと思った僕みたいな人は、アホでも無頓着でもないんです!
だって結局のところ"カッコいい"からね。
僕の知る限りこんな事してるのは彼らか堂本剛くらいです。 愛はズボーン カネシロマサヒデ(Vo.)
「このバンドの絶妙で奇妙なバランスと変態サウンド、うちは虜になってしまったよ!」
ORESKABAND HAYAMI(Trb.)
幾多のメンバーチェンジをしてるのに、何故か益々強度を増していっているようなそんな気がしてます。 鍛え抜かれたどす黒いグルーヴと、その陰で舌を出して笑っているポップネスの共存!
NEWネオ室町を皆さんも体験してください~。 パノラマパナマタウン 岩渕想太(Vo.)
腰がうねるグルーブに騒々しいパーティ感!
元気モリモリ!明日からまた頑張ろうと思いました。 DENIMS カマチュー(Vo.)
古都京都の今出川より北、そう、たぶん室町あたりから、
彼らはとてもNEWでタイトなファンクとエンターテイメントを届けてくれました。
彼らほどシュッと踊る京都人を僕は知らない。
そしてミキクワカドの声の太さに僕はもう癖になってる。
ピザのくちにもなってる。 空きっ腹に酒/LOW-PASS/YOU MUST SEE I シンディ(Ba.)
テンポが速くて縦ノリでハイトーンボイスなギターロックバンドがいまだにシーンを牛耳る中、
このテンポ抑えめで横ノリでハスキーボイスなファンクバンドの存在、大事!とても大事!
踊るっつうのは手じゃなくて腰を使うんすよね。 ナードマグネット 須田亮太(ハイトーンボイス)
"ネオ室町"を一旦ご購入いただき、聴きつつ家で思い思いに踊ってみて下さい。それをそのまんま彼らの前でみせたとしても「ヘイヘイ!ヘイヘイ!イイね!イイね!もっとそのままで踊ろう!!」と絶対言ってくれる、そんなバンドです。
一見チャラそうなのに、めちゃくちゃ清々しくて、めちゃ懐が広い。
それが「踊りたい気持ちがあるけど、恥ずかしい…」と思ってる人からしたらどんなに心強いことか。老若男女にこれからもっと愛される気がしてならないね。踊る!ディスコ室町!踊れる新譜発売おめでとうございます!!
部屋でかけながら下手なダンスを踊っているよ。 インドア派の友達代表 中村佳穂
わたしだってそうだった。このグルーヴと気取らない言葉の”絶妙なハズし”に病み付きになった一人。
思わず誰かに紹介したくなった。これだけ言えばわかってもらえると思う。
ただ、もう一つだけ。
CDで彼らを知った気になるな。
この新譜を聞いて、勇気を持ってライブに足を運べばあなたに、
必ず二度目の衝撃をくれること約束しよう。そんなニューでネオな彼らがわたしは大好きです。 絶景クジラ ナツコ・ポラリス(Vo.)
『踊る!ディスコ室町』って!なんなん!どこなん!と叫びたくなる。ご丁寧に所在地まで教えてくれているのにこんなにファンキーに踊らされてしまって、なんだかもう騙されている気さえする。確かにそこで鳴っているのに、日本語なのに、違う。ここじゃない。真相はいつだってはぐらかされている気がする。でもそれさえも気持ちよくってたまらない!
嘘だと思うなら騙されたと思って聴いて!そしてたくさんの人がまんまと騙されて、踊らされて、わたしと一緒に『踊る!ディスコ室町』が本当に鳴っている場所を探してくれることを祈る! ペロペロしてやりたいわズ。 ムカイダー・メイ(Vo.)
まさに"踊る"だに!!
ファンキークレイジーパンジー!
リズムがとにかく全部
ファンキーで、
体が鳥になったみたいに
うごきはじめてしまう
この感覚は、ファンキーやな☆
かっちょいいっす CHAI マナ(Vo.)
ディスコ室町とはめちゃくちゃ長い付き合いになるけど、今作が1番ギラついているなーと思う。言葉とリズムの隙間隙間にも脂が乗りまくっているみたいな。カロリー超高いぜ!
お互い年も経験も重ねてきたし、その分頭と体から出てくる物も変わってくるんやろうな。
なんにせよ、脳みそ直撃型のナンバーばかりで、踊らずにはいられない作品です。
個人的には「ピザのくち」が好き。
今後ともよろしくね。 sukida dramas 中川智貴(Vo.)
人間生きてれば暖かい時もあるし思い通りにいかず冷たい時もある。
さて、踊室(オドムロ/踊る!ディスコ室町の略)の新譜。
どうした!?となるぐらいエッジがパキッと立っている。
メンバーチェンジ等の試練を経て届けられたこの音源は、
まさに茹でた後に冷水でしめたコシのある饂飩。
ファンキーで腰にくるサウンドを是非ご賞味あれ。 memento森 宮地慧(Vo.)
京都はご存知の通り、学生が非常に多い。聞くところによると、地元民に対して、他府県から京都にやって来る学生の割合は全国でもトップらしい。常に、新たな若者やカルチャーを吸収する街・京都。
ん・・・これって、常にメンバーの脱退・加入を繰り返す「ディスコ室町」そのものやん!そういえばミキくんも、広島からやってきたんだよね。そんな室町って、まさに真の京都カルチャーなんだと思う。 SATORI ハノトモ(Vo.)
友達10人くらい連れて夜飲みに出て、立ち飲み屋で乾杯→寿司屋→餃子の王将→カラオケ→普段行かない高級店→鴨川で缶ビールていう感じで爆笑しながらパーティーしてて気づいたら朝。みたいな気分を味わえるアルバムです。毎日そんな風に生きれば超サイコー! Lainy J Groove 浜田淳(Ba.)
僕が住んでるこの汚い大阪の街も
なんだかすごくシティで素敵な街に見えました
気持ちも強くなった気がしたので
悪いことの一つや二つしてやろうと思いました
もし捕まったら助けに来て下さい もるつオーケストラ スズ器GOOD之介(Vo.)
ついにオリジナルメンバーもミキくんだけになっちゃったね。
でも毎度必ずキャラも技術も飛び抜けた奴が入ってくるの、本当スゴい。笑
いつだってディスコ室町には説得力があるし、だからカッコいいんだよね。
この先、どんな感じになってもバッチリ踊らせてくれると思うし、
僕もずっとファンでいたいです。
これからもよろしく~。 花泥棒 イラミナタカヒロ(Ba.)
まずバンド名が最高だと思う。
「踊る!ディスコ室町」って!そして今回のアルバムでこの最高なバンド名が確信的なものになったんじゃないかなと。
本人たちが自由に音楽を楽しんでるのが聴いてる側にばしばし伝わってくるし、おかげでこっちまで楽しくなっちゃうような、超ハッピーでパワー溢れるアルバム!
みんな聴いてほしい~~!
ディスコ室町で踊れ~~! the peggies 北澤ゆうほ(Vo.)
2012年僕が大学一回生の時、超ファンキーな大学の先輩がいるという事を聞き、初めて踊らないベイベのPVを観た時の衝撃は忘れられません…!その当時とメンバーもすっかり変わったけど「新しいNEWネオ室町」を聴いて確信しました。今の踊る!ディスコ室町が一番カッコイイ! 血の通ったダンスがしたいヤツはディスコ室町を聴け!☆ 加速するラブズ カーミ タカアキ(Vo.)
俺、今までファンク聴いてきてなくて詳しく無いんやけどディスコ室町がカッコええのはわかる!
Voのミキクワカド君の声は味と魅力がすげーんよ!
何度も聴いてるうちに、6曲目「ピザのくち」が脳味噌でリフレインされて気づけば口ずさんでいた。
これは良いアルバムや!
行け!ディスコ室町!
戦え!ディスコ室町!! 神頼みレコード トラッシュ山省(Vo.)
新しいNEWネオ室町は、もはや悔しくもなくなるくらいにグルーヴィーかつテカテカだ!!
とりあえず自慢させてくれ!
これ、僕の友達が作ったんだぞー!!!
THE ロック大臣ズ たなかけんすけ(Vo.)
踊る!ディスコ室町
新しいNEWネオ室町に添えて エッセイ一章分書ける。 ーーーーーーーーーーーーーー ミキクワカドのベイビーフェイスを知らない皆様は、「一体どんなムナ毛蓄えた汗滴るボーカリストがこの『ファンキーでグルーヴィーな男たち』をまとめあげているのだろうか?」というギモンを抱くはず。 否!否も否。古臭い頭かち割ってNEWタイプのリーダーはかわいいスマイルで冴えない室町メンたちにラッピング&ドレスコード。はい踊る!ディスコ室町の誕生なのだ。
さぁ、そんな彼が言う新しくて、NEWなネオな…ってもうついていけんのか俺たち!? M6『ピザのくち』が私的マスターピース。異臭を放つタイトルって好きだわん。
予備動作ゼロのパンチライン「でも今夜はピザのくち」が載りますのは、じりじりと歯ぎしるようなイラつきテンポ感グルーブ。たたみかける一触即発ヒヤヒヤリリックが提督の癪にさわる寸前でCOOL。楽器隊の硬めの演奏なしには成り立たない、このブチ切れ寸前感はいったい何!? あぁなるほど新しくてNEWでネオだわ。の応酬。
悪いおクスリですよ。もうこんなの。 村上SUN 花柄ランタン ーーーーーーーーーーーーーー 花柄ランタン 村上SUN(Vo.)
彼らと対バンしたのはいつになるのか、その時私はひと目で彼らの虜になってしまった。それぞれが見た目も音も個性的で強い。それが集まっているのだから、室町はアベンジャーズみたいだ。ライブに行けば1ファンとしてステージにいる彼らを憧れと羨望のまなざしで凝視し、「ちょうだいFUNK!」の振りを踊る。で、そんな彼らの新しい音源が出るとな。
いつも思うけど使う言葉が独特。兵庫民の私にはしたくても絶対に真似できない。時の流れが緩やかな「京都」という土地によって授けられた特別な言語センスのように私は思う。
それから音‥このアルバムの室町の音はかなり渇いてると思う。潤ってない。そこが好き。音作りについては全く知識がないからわからないけれど、まるで砂漠みたいな音。そこに入るミキクワカドの声が抜群。普段は物静かなお兄さんなのにどっから声出てんの?この謎は早く解明しなくては。
「踊らないベイベ」も以前のバージョンよりも尖って渇いてると思う!まさにネオ室町ですね。
と、いうわけで僭越ながらコメント書かせてくれてありがとう。超長くなりました。いいよね好きなんだし。 葉山久瑠実
黙っているのに賑やかで、騒いでいるのにうるさくないファンキーでグルーヴィーかつ奥ゆかしい男たち。 はんなりJBこと、Vo.ミキクワカドの強烈なフロントマンシップには初めて観た時からある種の予感(良い方)が備わっていた。 これまで幾度となく困難が訪れようと下を向かなかった彼を知る数少ない一人として、僕は『ディスる!踊り子室伏』から一秒も目が離せない。(これは例えです。) NEW新譜の最新作音源、ネオ新発売CDリリース(new!!)の件ですがコングラッチ&レーション! これからも全てのメンバー(多め)みんな全員総じてずっと健やかで、のべつ幕なしに元気なムキムキの室伏でいてください。 水、走る 山田好転(Vo.)
「口上」から持ってってくれる。気前がトラック1からビシビシ感じてしまう。
前作より増して、持ち前のユーモアがぴかりと黒く光る曲の数々。
ユーモアに溢れてるんだけど、皮肉にも溢れていて、自省や自戒にも溢れていて聞いていてヒリヒリするファンクネス。
音楽的にはますます我が道を行く、その姿勢、見習わなきゃ!
『新しいNEWネオ室町』、何が新しくてNEWでネオなんだ!どっちもほぼ同じ意味じゃんか!でもわかるよ、「NEW」で「ネオ」な気持ち。
そんなタイトルもDIE好き。 deronderonderon さわいかん(Vo.)
踊る!ディスコ室町の新しいアルバム、”新しいNEWネオ室町”。
これでもかと新しくなったことをタイトルで強調してくるこのアルバム。 再生ボタンを押せば口上に始まり、腰をくねらせたくなるような黒めのグルーヴで、早いBPMだけが踊るロックの全てじゃないことを彼らは教えてくれる。
そして曲が進んでいくごとに徐々に熱を帯びていき、M-6 ”ピザのくち”でミキクワカドがブチ切れていく様が最高。 M-7 ”踊らないベイベ”の新録を聴いて、彼らと初めて出会ったときの事を思いだした。
出会いは数年前、京都のライブハウスにて。
今よりも大所帯の彼らはアクの強い、ファンキーというよりはトリッキーなバンドだった。 それから幾多のメンバーチェンジを乗り越えて、踊る!ディスコ室町はファンキーになって新しいアルバムを僕たちに届けてくれた。
ミキクワカドは不死身のエンターテイナーだ。
これからも僕らの腰をくねらせてくれ!ミキクワカド! Tequeolo Caliqueolo 扇谷真澄(Vo.)
コテコテだ。二日酔いの朝に聴くのには体力を使う。だから夜に聴く。明日休みの日に聴こうぜ! 河内REDS サクラマサチカ(Gt.)
踊る!と言うより踊らされる!奴らの新作。重厚な出来栄えのアルバムに肝を冷やしました。
NEWでネオな踊る!ディスコ室町だが、次作はどんな新しさが見られるのか、早くも沸き立つ一枚。 百長 大森貴太(Vo.)
﷯
ミキクワカドがJBに出会ってくれたことには安心感すら覚えてしまう。
ファンクをやるために生まれたかのようなその声、みんな嫉妬してるよ! ピストル・ディスコ クロマティーゆうや(DJ)
割と地味な私生活を過ごし人前でも弾けられない北海道在住の私でも、ディスコ室町ファンクパワーで「踊りたい!!踊っちゃいたい!!踊る!!」となるくらい素晴らしいアルバムです。 そして高校の同級生の伊藤おわるさんもグルービーに頑張っていらっしゃると言うことで、北海道にもどんどん広めたいと思います! 爽
我らが京都のファンキーでグルーヴィでとても大事な仲間達。 メンバーの若さを感じさせない、ブラックなアプローチと渋いサウンド。絶妙なバランスで成り立つファンクネス。
京都から全国に飛び立てベイベー! LOCAL CONNECT Natsuki (Dr)